最新情報・ブログ

【企画ギャラリー】西野康造展 宙(そら)の記憶 6月18日~8月28日

  

 

石神の丘美術館 西野康造作品

 

石神の丘開業20周年記念 

西野 康造 展 
宙(そら)の記憶 —ケツァルコアトルスの憂い

2022年6月18日(土)~8月28日(日) 
※初日は10時30分にセレモニーを行ったのち開場します

 石神の丘美術館の野外エリアは大規模な改修を行い、2020年9月〈花とアートの森〉としてリニューアルしました。当館開館の原動力となった「岩手町国際石彫シンポジウム(1973~2003年開催)」で制作された石彫作品にくわえ、この度のリニューアルでは、当地の自然や空間にあう、日本を代表する彫刻家の作品を新収蔵することが計画され、7点の作品、2点のデザイン遊具が設置されました。そのうち2点は西野康造のキネティックな作品です。

 〈花とアートの森〉風の広場・空の広場に設置された作品は、吹く風を受けてゆったりと羽ばたくような動きを見せます。その時どきで異なる動きは、四季の自然、石神の丘の環境を視覚的に見せることにもつながっています。
 このたびの企画展は、館内企画ギャラリーで、西野康造の新作を発表するものです。副題には、太古の翼竜の名がつけられました。野外エリアと企画ギャラリー、異なる空間の中での作品との出会いをお楽しみください。

 

西野 康造  Kozo Nishino
 1951年兵庫県生まれ、京都府在住。1977年京都市立芸術大学彫刻専攻科修了。80年代よりチタンなどの金属を用い、複雑な構造を持ち合わせた軽やかで躍動感に満ちた彫刻を制作。野外空間・公共空間における作品設置も多く、2013年にはニューヨーク9.11メモリアルパークに面して建設された「4 World Trade Center(設計:槇文彦)」に《Sky Memory》が設置となった。
 石神の丘美術館〈花とアートの森〉には、2020年2点の作品《Harmony with the Breeze 2020》《Swing in the Air 2020》が収蔵された。2022年、第42回中原悌二郎賞受賞。

 

■■■ 関連イベント ■■■

西野康造さんと歩く、作品鑑賞ツアー

① 6月18日(土) 10:45~12:30 ※開場式終了後に行います
② 8月28日(日) 10:00~12:00

*参加希望の方は共通観覧券をお求めの上、ホールにお集まりください
*新型ウイルス感染拡大状況によっては、急遽イベントを延期または中止することがあります

***************************

石神の丘開業20周年記念

西野 康造 展 
宙(そら)の記憶 ケツァコアトルスの憂い 

2022年 6月18日(土)~8月28日(日)
開館時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
     ・6/18は10:30より開場式を行ったのち開場します 
休 館 日:7/25(月)、8/1(月)、8(月)、22(月)
観覧料金:一般300円(花とアートの森共通券700円)/高校生以下無料
     ・中学生・高校生の方は学生証をご提示ください
     ・20名様以上の団体は2割引
     ・75歳以上の方は5割引(年齢がわかるものをご提示ください)
     ・障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者1名は5割引
主催:岩手町/岩手町教育委員会/石神の丘美術館/岩手町ふるさと振興公社

過去の記事

開館時間・休館日

◆開館時間
9時~17時
(入館は16時30分まで)
◆休館日
・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日/臨時開館の場合有り)
・年末年始(12/29~1/3)

→観覧料・アクセス
→お問い合わせフォーム