館内マップ

文字をクリックすると、画像が表示されます。

石神の丘美術館全体マップ

館内マップ

6月の下旬から7月の上旬にかけて約2万株のラベンダーが咲き誇ります。
豊かな香りにつつまれての屋外散策はまた、格別です。

石の舞台に芝生の観客席。青空の下で民俗芸能発表会やロックフェスティバルなどが開かれます。
近くには石の彫刻や遊具があり、イベントがないときにものんびりできます。

石神の丘美術館屋外展示場を一回りすると、実は登山をしていることにもなるのです。
意外と知られていないのですが、屋外展示場は標高326mの石神山の斜面に広がっているのです。
登山靴も大きなリュックも必要ありません。気軽に山頂まで登れますよ。

稜線の美しい姫神山を望む展望台。
姫神山の手前には2002年12月に開業したいわて沼宮内駅が見えます。
運がよければ新幹線はやてが走る姿もご覧いただけます。

岩手町の特産品であるブルーベリーの木が植えてあります。
初夏に白い花をつけ、夏には美しい濃紺の実がなります。
生のブルーベリーもとても美味しいですよ。
産地直売所ではブルーベリーワイン、ジャムなどを販売しており、レストランではブルーベリーソフトクリームが人気です。

雄大な岩手山を望むことのできる展望台です。
盛岡方面から眺める姿とはまた違った岩手山をお楽しみください。

企画展や常設展を楽しめるギャラリーは、屋外展示場への入り口でもあります。
ホールでは休憩したり、美術館情報を手に入れたり、絵本を読んだりと楽しみ方はいろいろですよ。

岩手町の特産品であるブルーベリーの木が植えてあります。
初夏に白い花をつけ、夏には美しい濃紺の実がなります。生のブルーベリーもとても美味しいですよ。
産地直売所ではブルーベリーワイン、ジャムなどを販売しており、レストランではブルーベリーソフトクリームが人気です。

地元のお母さん手作りの味を提供するパワー工房。
売店・茶屋っこでは手打ちそばや地元産キャベツ「春みどり」を使った美しいグリーンのソフトクリームが人気です。

道路情報や道案内、近隣の観光案内をいたします。
円形の多目的室では岩手町紹介ビデオが放送されたり、展覧会がおこなわれたりします。

新鮮な地元産の野菜、山菜、きのこ、果物、町特産のブルーベリー加工品など、山の幸・里の幸をお買い得な値段でお求めいただけます。
中にはあまりスーパーには並ばないような地元ならではの商品もありますよ。

お腹がすいたならここ、レストラン石神の丘へどうぞ。
地場産の食材をふんだんに使用した食事や軽食をご用意しております。
季節によっては特別メニューが登場します。お楽しみに!

見るだけでなく自分で作りながら美術にふれることのできる体験講座が開かれます。
講座の内容や日程は「つくってみよう」をご覧ください。

岩手町では毎年夏に国内外の彫刻家を招いて「国際石彫シンポジウム」を開催しています。
このシンポジウムの歴史は古く、今年で30周年目をむかえます。
作家はこの町に滞在し、町特産の黒御影石を材料に作品を制作します。
その一部を紹介しているのがこの彫刻公園です。
他にも、町のあちらこちらに作品が設置してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンタ用画面