2003年設置作品

2003年8月21日、「第30回岩手町国際石彫シンポジウム」で制作された作品『Good morning New Day』が石神の丘美術館屋外展示場に設置されました。
毎年夏に岩手町で行われている「岩手町国際石彫シンポジウム」は、町産の黒御影石を主材料とした彫刻の公開制作をするもので、制作された作品は、岩手町彫刻公園、石神の丘美術館、町内の公共施設に設置されてきました。今年は記念すべき第30回ということで、4人の招待作家が、7月4日から共同制作を行ってきました。

 

 

『Good morning New Day』


John Audun Hauge (ノルウェー)
Todor Todorov (ブルガリア)
片桐 宏典 (岩手県・岩手町)
真下 賢一 (愛知県)

 

 『Good morning New Day』はいくつかの彫刻の組み合わせで出来ています。

まるで遺跡のような石組みと動物の角やタコの足を思わせる木の彫刻、滑り台までありますよ。

ところどころには、古代の文字が刻まれており、まるで、どこか不思議の国に迷い込んだような気分になります。作家の皆さんは触ったり、のぼったり、滑ったりしながら作品に触れて欲しいとお話されていました。
 

プリンタ用画面
開館時間・閉館日

◆開館時間
9時〜17時
(入館は16時30分まで)

◆休館日
・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日/臨時開館の場合有り)
・年末年始(12/29〜1/3)

→観覧料・アクセス
→お問い合わせフォーム

ATOM最新記事のフィード